TouchDesigner Study Group Vancouverはじめました

9月末にTouchDesignerの開発元であるDerivative社のBenさんをバンクーバーにお招きしてTouchDesigner Beginner Workshopを開催したのですが、参加者の中にはいわゆるコードを書くエンジニアだけでなく、クリエイティブディレクター、デザイナー、3Dアーティストや舞台の演出をしている人、ミュージシャンなどもいたので、改めて様々なバックグラウンドを持つ人たちが同居できる面白いソフトウェアだなと認識しました。

また、前にバンクーバーに住んでいた時に主催していたこともあるミートアップVancouver Creative Technologyは現在CDM(バンクーバーのデジタル系大学院)関係の若くて優秀な人達が中心になってオーガナイズしてくれていて雰囲気も好いのですが、基本的には誰かがプレゼンをして質疑応答というスタイルなので人数が増えてくると話を聞いているだけの人が増えてきてしまうきらいがあるなと思っていました。

そこで、現状盛んとは言えないバンクーバーのTouchDesignerコミュニティを盛り上げるということと、参加者全員が自分ごとであるプロジェクトに取り組めるもくもく会のようなことがやりたかったので、ワークショップに参加してくれた最近CDMを卒業した別の優秀な若者を誘ってTouchDesigner Study Group Vancouverという新しいグループを立ち上げました。(俺から見て)既存TouchDesignerのユーザーの発掘や情報共有、発信はもちろんのこと、会場を貸してくださっているCDMや地元の会社などとのコラボレーションも積極的に行いTouchDesignerを起点にバンクーバーのクリエイティブコミュニティに貢献するのが狙いです。関連メンバーでイベントや展示もやりたいし、ついでに俺に関連の仕事が回ってくるといいなという気持ちももちろんありますw

そのStudy Group、先週の木曜日に第一回のミートアップを迎えました。もくもく会的なものになるはずだったんですが、参加表明をしていた友人(来なかった)は全く触ったことのない人だし他にも同様の人がいる感じだったので学習リソースの紹介をし、初回と言うこともあり自己紹介がてら各自Touchで作ったものを見せ合ったりしていたらあっという間にお開きの時間に。

学習リソースはTouchDesigner Learning Resourcesにまとめています。Derivativeの一番上のリンクを見れば大体事足りると思いますが、Lynda.comのオンラインクラスはバンクーバーの図書館カードを持っているとTouchDesigner以外のクラスも受講できるので特にお勧めしておきました。

俺たちのSlack作ったから絶対入ってくれよな!と息巻くも入れないよ〜と言われ慌てている俺

VJの裏側見せっこ中

Pythonで分からなかった所が解決しちゃう30秒前

Photos: Luna Huang

以下反省。

参加者は主催者を入れてEventbrite上では11名となっていましたが結局来たのは10名。2名来なくて1名飛び込みで来たのかな。無料のミートアップだからこんなものじゃないかなと。参加率を上げたければ本気の人のみに対象を絞って前払いの有料にするなどの対応が必要ですが、そういう集まりでもないし、機材やプレゼンをお願いしているわけでもない参加者が来ない分には人数が減って楽なのでいいでしょう。元々定員いっぱいになってなかったし。

さて自分のプロジェクト持ってきてね、と言ったところで予想通りというか話聞きに来るだけの人もいるわけで。今回の参加者10名のうち見た感じ4名はそう。基本的にプロジェクトがある人の間でのみ話は盛り上がりました。

フィードバックとしては大まかに以下のようなものがありました。

  • スタディにフォーカスできる時間が無かった
  • 気になってたことが解決できたから好かった
  • 駅から会場が遠い
  • 酒が飲みたい(会場はアルコール禁止)

1つ目は個々が話す時間が長くなってしまったからで、俺の中途半端な姿勢のせいだなと。今後は俺たちどうすりゃいいのな人たちは学習リソースのリストを提示する方向かな。そのことが原因でその人達が来なくなってもそれはそれでいいしね。2つ目は単純にお役に立てて嬉しい。最後の2つは、知らんがな、他で自分で企画したらえんちゃう?てことで。

初学者への対応もコミュニティを盛り上げる上で欠かせないものではあるけれども、まずはここは自習がメインの場であるいうことを徹底しないとまた半端なものになってしまうので、次回は自己紹介もそこそこに来た人はそのまま自習を始めるように促したい。初学者への対応は別途またワークショップを企画したりするのがいいかもしれない。個人的には初級編は一回やったので次は中級編やりたいところです。初学者初学者言ってますが俺自身歴1年くらいだしまだまだなので。

話が盛り上がってたと言うのは元々知ってる人たちとその友達という感じだったので、交流の無かった人たちをどう取り込んで行くかが課題。あとやっぱり俺英語下手だなと…。技術も語学もコミュニティ運営も日々勉強ですね。コミュニティ盛り上げていけるようアゲてこう!

最後に学習リソースで紹介した本のamazonアフィリンク貼っておくんでよろしくね!

Live Music と Live Coding のイベント Coda に参加しました

Granville Island の The Fishbowl というスペースで行われた Coda というイベントにライブコーディングをする人として参加しました。俺は最近よく触っている TouchDesigner北千住デザインインスパイヤの Emoji を使ってミュージシャンが織りなすサウンドを受け取って各パラメーターに入れて調整していく、オペレーターを繋ぐ、GLSL を書く、というのをライブでやっていました。

こんな感じでした。音に反応しているように見えるかしら。俺のブースから撮っています。

Live #emoji show with live music by Matt O'Donnell at Coda #touchdesigner

A post shared by Yasushi Harada (@chimanaco) on

1回目担当の全編の TimeLapse 版(音無し)。変遷がご覧頂けるかと思います。動いてるのは俺じゃなくて共演したミュージシャンの Matt さんです。

Live #emoji show with live music by Matt O'Donnell at Coda #hyperlapse #touchdesigner

A post shared by Yasushi Harada (@chimanaco) on

プレイ中の友人たちの様子と俺のセットアップ。キーボードもマウスもワイヤレスなのにビビリでついつなげてしまうので、スマートじゃない。

Coda @nielmclaren @timrolls and my setup.

A post shared by Yasushi Harada (@chimanaco) on

終わった後に The greatest thing I have ever seen. とか言ってくれた人がいたり、遊びに来てくれた友人が一緒に来た友達が爆笑してたという声も聞いたので数人には響いたようでその点好かったと思いますが、割とみんな静かに音楽と映像を楽しむというイベントだったため、もっとじんわり美しい映像を見て頂くという方が全体の雰囲気に合っていたようなので独りよがりにならずお客さんが求めるものにもっと寄り添ったものを作らないとなと再認識した次第です。ミュージシャンたちも全員好かったのでまた一緒にやれたらいいなと思いました。

反省点としては、過程も見せて行こうという趣旨でやってたという理解だったので俺は最初シンプルなものから始まってどんどんパラメーターを追加していって盛り上げて行くようにしていたんですが、出力結果とコード( TouchDesinger で言うと Network )を並べてプロジェクションしていたわけでは無いので(両方同時に見るのが難しい配置だった)、正直お客さんには出力結果しか見えていないのでライブで変化していこうがプリレンダーされたものであろうが関係ない感じになってしまったこと。その点はフィードバックしたのでもし次回も呼んでもらえるようなことがあれば改善したいところ。1人だけ機材の調子が悪く結果同じ画面でコードと出力結果を交互に出すような感じになっていたのですが、俺にはそれが一番楽しく見えました。思い通りにいかない状況になってもお客さんに楽しんでもらえるように臨機応変に対応できるようにしていきたいものです。

PC は LITTLEGEAR の GTX1060 モデルを使っているのですが、リハ含め3往復抱えて電車乗って行ったのが流石に辛かったのではりきってペリカンケース 1620を買いました。ギャラで回収できるようがんばります。

バンクーバーでオーロラを見ました

少し前の7月17日のお話ですが、人生2回目のオーロラをイエローナイフに続きバンクーバーで見ることができました。今週末オーロラが見えるかもしれないぜ記事が出ていたのでこのビッグウエーブに乗るしかないということでオススメ鑑賞スポットに載っていた Spanish Banks というビーチに撮影に行きました。早速写真を見ておくれ。

Northern Lights

ISO6400、絞り値(F値)4.0、約10秒間のバルブ撮影の結果です。kp値も低くそこまで暗い場所でも無かったので、肉眼だと何も見えず写真で撮るとたしかにそこにある、というものでした。色々設定を変えて試したのですが、撮影技術の無さや街の明かりも影響し、今回撮影した中ではこれが一番好かったです。

バンクーバーはオーロラ観測で有名な場所ではないのですが、見たことがあるという話は聞いたことがあったし時々こういうチャンスがあるようで、今年は5月にもあったそう。バンクーバーは夏以外は基本的に曇りか雨なので、夜空が晴れることの多い夏付近がチャンスと言えるかもしれません。

バンクーバーより北にあるエドモントンとかカルガリー出身の人に「俺こないだオーロラ観に行ったんだよね」とテンション高めで話すと「あー俺の実家から車でちょっと行くと見えるよー」みたいなこと軽く返してきますし、やはりオーロラベルトに近づくにつれて迫力のあるオーロラが見える可能性が高くなるのですが、寒い時に見えるってわけでもないようです。今回は23時半〜25時くらいの撮影だったのですが気温は16度くらいでパーカーにジーンズという装い。オーロラ観測と言うとそれはもう-30度みたいな印象ですよね。イエローナイフはまさにそんな感じでしたが、今回は機材の防寒対策も特にせず気楽なものでした。

参考までに使用機材です。

俺用メモ

  • ISO3200~6400くらい
  • Bulbモード 目盛りB
  • 無限遠。設定ないので、レンズの AF モードで対象(オーロラ)にピントを合わせる。または明るいうちに遠くの建物にピントを合わせておく。
  • MF モードにしないと暗いところでシャッターが切れない。

ハッシュタグやジオタグを追っているとかなりいい感じに撮れている方たちもいて、俺ももっとカメラと仲良くなって能力を引き出せるようにがんばりたいと思います。

お友達のシバタカズマサさん情報によるとオーロラの状況は以下のサイトでチェックしておくと好いようです。

人生であと10回くらいオーロラ見れたらいいな!次は日食や〜どしよ〜

参考ページ

ゲストハウスみはらし亭と尾道空き家再生プロジェクト

前回の続きで、尾道で展示をさせて頂くことになった経緯、尾道のゲストハウスみはらし亭および尾道空き家再生プロジェクトについて書いていきます。

みはらし亭のマスターをつとめる牧原さんは以前シアトルに住まわれていて、2012年にバンクーバーで行われた鈴木昭男さん、吉増剛造さん、大友良英さんのライブに我々同様客として来られていて知り合いました。面倒見の好い方で我々がシアトルに遊びに行った時に案内して頂いたり奥様の飲み友達だったり、Project Fukushima!の北米での上映会を協力して行ったりしました。そんな彼が尾道に移住してゲストハウスの運営に関わるという話は当時から伺っていてついに昨年オープン。いつか訪れてみたいと思っていたところにうまいこと展示の話を頂いたので乗っかることにしました。こちらの都合で無理言って急な開催になってしまったにも関わらず、お忙しい中スケジュールや場所の調整、宣伝などに尽力して頂きました。大変ありがたいことです。

みはらし亭は、尾道の坂の上にある、登録文化財に指定された築100年の茶園(別荘)建築で、戦後一時期旅館として活用された後、30年近く空き家になっていたものをゲストハウスとしてリノベーションした建物です。その名の通り、日本遺産にもなった絶景の箱庭的空間を望むことができます。

そんなみはらし亭、坂の上にあります。こちらの「千光寺道」の石段約360段を上がったところに。荷物が多いとちょっと大変かもしれません。または千光寺ロープウェイで千光寺山山頂駅で降りてみはらし亭まで歩くという方法もあります。詳しくはアクセス – みはらし亭を参照下さい。

石段を登りきる寸前。みはらし亭の勇姿。

石段を登ったあとのエントランス。ここまで来ると達成感あります。

展示期間中だったので展示の宣伝もしてもらっていました。

前のオーナーさんが船舶関係のお仕事をされていた方だったとかで、実際に船で使用されていたものや船をモチーフとしたアイテムがカフェには散りばめられています。

廊下。とてもよくお手入れされていて俺感激。

ドミトリー一泊¥2,800。我々は男女混合の部屋に宿泊しました。その他女性用ドミトリーがあり、個室も2部屋あります。詳しくは施設案内 – みはらし亭を。

お部屋からのみはらし。尾道水道を望むことができます。

エントランス横。六角形のタイルが敷地の各所にありますが、ここではテーブルが六角形になっています。

シャワールーム、洗濯機などがある離れ。

離れには自炊コーナーもあります。

石段を登るのはちょっとだけ大変ですが、それだけの価値はあると思いますので興味がある方は是非宿泊してみて下さい!

最後にみはらし亭を再生させた尾道空き家再生プロジェクトについて少しだけ。尾道空き家再生プロジェクトについてから活動趣旨を引用します。

瀬戸内海のおだやかな海と山々に囲まれた街、尾道。 尾道固有の町並みや建物はそこで営まれてきた暮らしの歴史であり文化です。その中でも特にユニークな環境をもつ山手地区ですが、現在、空洞化と高齢化が進み、空き家が数多く存在しています。その中には建築的価値が高いもの、不思議で個性的なもの、景観が優れているもの等さまざまな魅力をもったものも含まれていますが、残念ながら住人を失った家々の傷みは年々加速しています。尾道空き家再生プロジェクトではそれらの空き家を再生し、新たな活用を模索していきます。この活動を通じてほかにはない尾道らしいまちづくりを展開していきたいと思います。

イベントをやらせてもらったり牧原さんにご紹介頂いたりして、地元の方、プロジェクトに関わられている方、尾道に移住された方など沢山の方にお会いすることができました。彼らからは古き良きものを残しつつ新しい文化の担い手となって町を作っていこうとする強い意志を感じました。東京にいるとどこか他人事というか自分がやらなくても誰かがやっていたりするので自分は何もしなくなったりしてしまうこともあるなぁと。本当はどこにいても変わらないはずなんだけど。

尾道空き家再生プロジェクトや地方移住に興味のある方はゲストハウス「あなごのねどこ」の寝床長のつるけんたろうさんの0円で空き家をもらって東京脱出!をご一読されるのがおすすめです。移住されてからの良い面悪い面がフラットな目線で描かれていると思います。我々は個性的な登場人物たちの数人に実際にお会いしていたこともあって楽しさ2倍でした。

俺は日本で東京以外のところに住んだことがなかったこともあり、よく話題にのぼる地方移住のような話を具体的に考えられることが今までありませんでしたが、尾道の方の観光資源への取り組みや、多様な生き方に触れるたび、俺なんかの見ている世界はとてもとても狭くて、人それぞれ輝ける場所がきっとどこかにあるんじゃないかなと思った旅でした。もちろんそれは何を重視するかによって変わるし、楽して手に入れられるものではないけれども。

人との出会いが旅だから借金してでも行きたいなー。

大音無形番外編 -トイレのサイン写真展 Washroom of the Day Exhibition in Onomichi

我々 Washroom of the Day という名前でトイレのサインを集める活動をしておりまして、Facebook Group
InstagramTwitterTumblrで情報を集めたり発信したりしています。

昨年10月の東京に続いて、2回目の展示を6/24-7/9の会期で広島県尾道市の三軒屋アパートメントのギャラリーで行ないました。今回の展示は、尾道のゲストハウスみはらし亭でマスターを務める牧原さんが我々の活動と東京での展示の事を知ってお声がけくださったのがきっかけなのですが、みはらし亭と関連する尾道空き家再生プロジェクトについての詳細はボリュームが大きくなりそうなので次の記事に書くことにし、今回は展示のことについて少し書いていきます。以下展示の様子です。
追記:書きました → ゲストハウスみはらし亭と尾道空き家再生プロジェクト – chimanaco blog

会場の三軒家アパートメントも空き家再生プロジェクトで再生された物件の1つで、ショップ、ギャラリー、卓球場、カフェなどが入っている複合施設です。規模は異なりますが、廃校になった校舎を利用した3331のような施設です。

ここから2階に上がると展示で使わせて頂いたギャラリーがあります。

900枚を超えるアーカイヴの中から厳選した140枚の写真1枚1枚に、簡単なコメントをつけて展示していました。

24日は香味喫茶ハライソ珈琲にてオープニングイベントとしてトークを行いました。ゲストには途中でやめる山下陽光くんを(主に我々が会いたいからという理由で)お呼びしました。前半、どういうことを面白いと思ってトイレのサインを集める活動をやっているか?という話を俺がして、後半は奥様が H2B 成立からの経過や現状トイレサインを取り巻く話題を紹介したり、記号としてのジェンダーについてもお話ししました。我々が話している途中でも何かあれば質問をして頂くようにし、以下のようなトピックをはじめ、興味深い意見交換の場となりました。

  • 洋式便所で立っておしっこするのはありかなしか
  • 性を溶かす?ファッションブランド
  • スカート履くとスースーする
  • あいすまんじゅう
  • 陽光くんが我々に対抗して集めたラーメン屋さんの紅しょうコレクション
  • 亡くなってしまった人の追体験をするために考えた方法
  • 今良く見る男青女赤のサインは1964年のオリンピック付近で考案され広まったらしいが、それ以前のサインはどうだったのか?
  • 今度のオリンピックではどうなるか?
  • 尾道のお店はどんなサインにしたらいいか?
  • フェミニズム
  • ZINE
  • 座ってると電気が消えるなか卯のトイレ

さらにトークの前後で途中でやめるの直売会も行われました。
写真が全然ないですが…

三軒屋アパートメントのギャラリーの他、前述の香味喫茶ハライソ珈琲(珈琲がとても美味しいです。豆買っていきたかった)、お茶とサイダーが絶妙にブレンドされたチャイダーを開発したことでも知られるチャイサロンドラゴン、みはらし亭併設のカフェの3箇所にはギャラリーでの展示と同様のスタイルで写真とコメントを収めたアルバムを置いて頂いていました。これらのお店にはギャラリーに展示していないものを入れて、お店に行かれたお客様が手にとってご覧頂けるようにしました。

会場で限定販売していた、展示のために山口元輝くんに作ってもらった BGM の CD も売れ行き好調でした!配信でも購入できますので気になる方は是非!

我々が在廊していたのは6/24、25のみでしたが、会期中足を運んで頂いた方、牧原さんをはじめ展示の実現、宣伝にご協力頂いた皆様、ありがとうございました!
またどこかでやれたらと思っております。

おまけ1
中国新聞に取材して頂きました!ありがたいことです。また一歩野望に近づきました。

おまけ2
24日、ギャラリーからオープニングイベントに向かおうと準備していると外は雨。傘を持参していなかった我々、イベント用の荷物が濡れては困るので俺が傘を買いに行くことにしたのですが、売っている場所も分からず商店街の方にとりあえず向かう俺は横断歩道の信号待ちで濡れ鼠になってなんだかお腹も空いてきて悲しい気持ちになってきました。そんな折横で同様に信号待ちをされていたおじいさまが「相合傘だね」なんて言いながら傘に入れてくれてアーケードのところまで一緒に歩いてくださいました。その日は祗園祭の三体廻しというイベントが行われるお祭りの日だったのですが、「この雨じゃテキ屋の人は大変だね」と心配されていた心優しいおじいさま、その節は大変お世話になりました。俺もそういうシーンがあったら怪しくない程度に真似したいと思います。

東京からバンクーバーに行くなら東京シアトル間の航空券を買ったほうが安いこともある

再びバンクーバーにやってきました。タイトル通りなんですが今回渡航した際の航空券の話です。

2または3都市経由で安いものもあったのですが、せめて1経由にしたいという条件で探しました。渡航時期&探したタイミングもあると思いますが以下のような結果でした。片道の価格です。

ANA 羽田発バンクーバー直行便 ¥200,000 くらい
Air Canada 成田発ポートランド経由バンクーバー行 ¥141,610

7月の頭という割と日本に住んでいる人が旅行しやすいシーズンということもあるせいか、なかなかのお値段。そんな折、バンクーバーからニューヨークに行く時に、シアトルに行ってそこからニューヨークに行くと安いことがある(国内線だから)と言う話を思い出しました。バンクーバーからシアトルはバスで3、4時間程度なので割と行きやすいんですね。そこでシアトル行きで探してみると…

Air Canada バンクーバー経由シアトル行 ¥81,130

というのが出てきました。Grayhound でシアトル→バンクーバーのバス($55のプラン)を手配してシアトルの空港からバスターミナルまでの料金を追加しても¥50,000以上お得なのでこれを購入しました。ただ、アメリカに入国するのは毎度大変面倒くさいのと荷物を持っての移動も疲れるので、成田で荷物を預ける際にバンクーバーで降りたい旨を伝えると問題なく変更できました。バンクーバー→シアトルのチケットは捨てたことになります。預けたスーツケースだけ心配でしたがちゃんとバンクーバーで受け取れました。

何故バンクーバー直行よりバンクーバー経由が安いのかは、単純に日本アメリカ間の方が日本カナダ間より往来が多くありそうなのが理由なのかなと思っていますが、先日年金事務所に行った時に、外国人の項目が米国人とその他の2択となっていたこともあり、これも何かの陰謀なのかもしれません。

席に電源が無くパソコンの充電ができなかったので iPhone でこれ含めブログ書いてました。あと Up(カールじいさんの空飛ぶ家)を見たんですがとても良かったです。窓が無い席で Hyperlapse も撮れなかったのが残念でした。

かいかいきき

どこかで虫に食われたのか全身かゆい。寝てるのか起きてるのかわからない状態で体を掻きまくる。掻いちゃいけないと言われているのに。作業中の案件で GitHub に Pull Request しまくる。したはずが何もしてなかったので今やっている。処方された薬を決められた量以上飲んで楽になるなら是非やりたい。大変さが2億倍くらい違うんでしょうがオーバードーズしちゃう人の気持ちが少し分かる。お願い胃洗浄するって脅さないで。

盛り上げる人

慶応の高校三年生の人が来て話をする。ここはもともと慶應大学が入ってるビルだったのであそこはあれ、ここはこれ、そこのパーティしている部屋は前からこんな感じ。そこのスタジオは。

校舎に向かってみんなバンザイしろーと言ってもあまりやってくれない。むしろやってくれる人がいるのに俺は感動だ。やんねーよ、とか言われながらもやってくれる人がいる人気者だ。
気づいたらなぜかみんなでピカチュウ、ピカチュウの大合唱。近所の公園にいた多くの外国人巻き込んで。学生と浮気してる有閑妻たちの声が聞こえて問題になって話題になったらしいよと指摘する声も。

ピカルミン CV/GATE をようやく鳴かせられるようになったところなのでピカチュウが出て来たかな〜。

泥を落とす

Perfume ののっちとあーちゃんが海で。
あーちゃんの顔とかに着いた泥を洗い流してる。何だか分からないが英語で喋っている。のっちの方が堪能な様子。
泥と言っても汚い感じでは全くなかったので海外向けのプロモビデオか何かだろうか。

他にも短めのものをいくつか見たのだが iPhone の電源が切れていてメモが取れず忘れてしまった。
今日は Perfume FES!! 2017 で Perfume と電気グルーヴを見に行くよ。