stageのリサイズ時に位置調整

ユーザーの中には自分でウインドウのサイズを変えたいという人が結構いると想います。職場の人にばれないようにこっそりネット見ている時とか。そんな時見えなくなってしまうと致命的な部分もあります(メニューとか)。そんな時対策に使うといいですね。

サンプル

Continue reading “stageのリサイズ時に位置調整”

Web Designing12月号

Web Designing12月号

お腹時計を掲載して頂いています。作品の出来が認められてという訳では勿論無く、厚かましくもTeraClockを作成されたtrick7のteraさんに「こんなん作りました〜」メールをお送りしたせいです。teraさんすみません。ありがとうございます。

Continue reading “Web Designing12月号”

14歳からはじめるActionScript オンラインゲームプログラミング教室

14歳からはじめるActionScript オンラインゲームプログラミング教室

まだ読み途中で他の本読んだりしてますが、入門書としてなかなか好いと想います。細かい説明は置いといてとりあえずやってみよう的な姿勢がいい。とりあえずゲーム作れたら楽しいもんね。普段はFlashCS3+ FlashDevelopという開発環境なのでFlashDevelop + Flex SDK3での開発をこれ読んで初めてやってみました。今まで読んだFlashDevelopの解説記事より解り易かったです(←ちゃんと調べてないだけかも)。そのうちしょうもないゲーム作りたいです。

Continue reading “14歳からはじめるActionScript オンラインゲームプログラミング教室”

SWFObject+ExternalInterfaceでのGoogle Analytics設定

FlashとJavaSrciptの連携をするにはExternalInterfaceを使うと便利です。過去記事で面倒なやり方をエントリーしましたが今後はこちらのやり方で行こうと想います。

先日「Google Analytics」がFlashコンテンツのアクセス解析に対応しましたが、こちらのやり方は後でやってみるとして、とりあえずExternalInterfaceを使ってJavaSrciptと連携しGoogle Analyticsを使えるようにしてみます。

こんな感じです。



Continue reading “SWFObject+ExternalInterfaceでのGoogle Analytics設定”

rootプロパティの使い方

rootとは表示リストの一番上にある表示オブジェクトを示すプロパティです。メインのタイムラインにMovieClipがあり別のMovieClipのメソッドplay()を実行したい場合、AS2.0のやり方で行くとこんな感じ?

root.ufo.play();

と想いきや上記のようにrootの値をそのまま参照して使うと「未定義の可能性があるメソッドを実行した」といったエラーになります。
エラーにならないようにするには、次のようにrootプロパティの値をいったんMovieClipタイプのオブジェクトに変換します。

Continue reading “rootプロパティの使い方”

AS3.0でのマスク設定

AS2.0ではsetMask() を使用してマスクをかけていましたが、AS3ではマスクされる表示オブジェクトの mask プロパティとしてマスクオブジェクトを設定します。

// オブジェクト maskSprite をオブジェクト mySprite のマスクにする。
mySprite.mask = maskSprite;

サンプル

Continue reading “AS3.0でのマスク設定”