Tweenerメモ(2) 特殊プロパティ

特殊プロパティの使い方です。

特殊プロパティを使用する場合はまず該当するクラスをimportします。

import caurina.transitions.Tweener;
import caurina.transitions.properties.FilterShortcuts;

使用する前に初期化をする必要があります。

FilterShortcuts.init();

ColorShortcutsクラスの例

import caurina.transitions.properties.ColorShortcuts;
ColorShortcuts.init();
Tweener.addTween(mc, { _color:0x00FF00, time:3, onComplete:complete } );

FilterShortcutsクラスの例

import caurina.transitions.properties.FilterShortcuts;
FilterShortcuts.init();
Tweener.addTween(mc, { _Blur_blurX:100, _Blur_blurY:100, time:3, onComplete:complete } );

DisplayShortcutsクラスの例

import caurina.transitions.properties.DisplayShortcuts;
DisplayShortcuts.init();
Tweener.addTween(mc, { _scale:2, time:3, onComplete:complete } );

CurveModifiersクラスの例

import caurina.transitions.properties.CurveModifiers;
CurveModifiers.init();
Tweener.addTween(mc, { x:450, y:100, _bezier: { x:200, y:300 }, transition:"linear", time:3 } );

コントロールポイントを複数設定したい場合は、_bezierに渡す値を配列にして渡します。

Tweener.addTween(mc, { x:450, y:100, _bezier: [ { x:100, y:0 }, { x:200, y:300 } ], transition:"linear", time:3 } );

他にもSoundShortcutsクラス、TextShortcutsクラスがあります。
プロパティの中身については以下が参考になります。

参考にさせて頂いたページ