今年も行ってきたよ TEDxVancouver 2012: Confluence

昨年に引き続き参加しました。TED は各分野で活躍する人たちのプレゼンテーションが聞けるカンファレンス。TEDxVancouver では Vancouver に縁ある人が登壇するので Vancouver の事を知る好い機会でもあります。一緒に行った奥さんも既にブログに書いているので好かったら遊びに行ってみてください。そっちを読んでくれたら以下は読まなくてもいいかもしれません!

会場

昨年の約1000人から今年は約2000人へと規模も大きくなり今年の会場は Granville Street にある Orpheum。1927年に建てられ2009年に改修工事を終えた Orpheum は National Heritage Site に指定されている由緒ある建造物だけあって綺麗な装飾が施された格調高い劇場です。フォーマルな格好をして髭そっておしゃれしていくところですね。去る8月に B’z もここでライブをしたそうです。余談ですが稲葉さんは英語がかなり上手らしいですよ。近所に Orpheum Annex という小規模な弟分的な劇場もあり、9月にはここで鈴木昭男さん吉増剛造さん大友良英さん出演の voices and echoes というイベントを観に行きました。

朝会場付近に行くと既に長蛇の列。「こんな行列オリンピック以来だよ~」という声も聞こえてきます。Vancouver も本格的に寒くなってきたので膝にこたえます。面白かったのが列に並ぶ人たちに対してマックのポテトをあげようとしてる人がいたこと。しかも2人。どう見ても TED のボランティアではなさそうだし誰もつまんでおりませんでした。偏見ですが TED に参加しようなんて人はマックとか食べなそうですよね。俺も普段だったらこれ幸いと頂くところですが中に朝食があるというのを心の支えに耐えました。

朝食はパンとコーヒー、紅茶などの飲み物。昼食はサンドウィッチと麺。サンドウィッチはベジ、チキンと何かの3種類くらいから選べる方式。見た目より美味しくて冷めても食べれるようなチョイスだし 移民が多い Vancouver だけに参加者のバッククラウンドの多様性が考慮されているなと思いました。こんなに格調高い劇場なのに日本のコンビニライクに多くの人が地べたに座って食べている光景が面白かったです。俺なんぞはめじろ台のローソンとか西八のセブンとかの駐車場でカップラーメン食べてたクチなんで全く問題無いのですがやはり不満の声も多かったようで、横で鑑賞していた60代位のご夫婦も人多過ぎ座るとこ無いしで一旦外に出て Subway で食べたよと仰ってました。ジャグジーで日本人に声かけたら(略)ビジネスクラスで日本に行く事になったなど面白エピソードも伺いました。

スピーカー

いきなりご飯の事しか書いていませんがメインはプレゼンテーション。かっこいい肩書研究中なので公式パンフに載っていた肩書とともにスピーカーの方々を並べてみましょう。

Kristin Westdal (Marine Biologist, Arctic Researcher, Adventurer)
Doug Schmitt (Lawyer, Consultant, Meteoritic Savant)
Eric Winsborrow (CEO, Cyber Security Innovator, Technologist )
Chen Lizra (Author, Dancer, Temptress)
Natalie DeFreitas (Counsellor, Observer, Alternative Justice Advocate)
Dr. John Izzo (Motivator, Journalist, Theorist)
John Bromley (Philanthropist, Entrepreneur, Instigator)
Joel Solomon (Investor, Connector, Ideological Champion)
Mark Betteridge (Angel Investor, Thought Leader, Visionary)
Dr. Jean Carruthers (Doctor, Cultual Influencer, Defiant Pioneer)
Mark Brand (Restauranteur, Humanitarian, Counter-Culture Rebel)
Robin Esrock (Traveller, Reporter, Thrill Seeker)
Elaine Lui (TV Reporter, Media Blogger, Celebrity Sociologist)

参考にしたいのは Ideological Champion、Thrill Seeker あたりかな。前者は TV チャンピオン的に言うとイデオロギー王、 後者はスリル極道とでも当てるんでしょうかね。

面白かった人

Eric Winsborrow

サイバーセキュリティの専門家。データセンターに侵入する James Bond は現代では生身の人間ではなくコンピューターウイルスなんだぜってことでアメリカとイスラエルが作りイランの原子炉施設に侵入したと言われるオンライン兵器、Stuxnet と呼ばれるコンピュータウイルスの話。この日一番話が上手かったと思った人です。

オーストラリアのテレビ番組用に作られた Stuxnet のかっこいい解説モーショングラフィックス。この動画の説明はサイバー兵器Stuxnetを3分半で説明するよ(動画) : ギズモード・ジャパンをどうぞ。

こちらもサイバーセキュリティの専門家、Ralph Langnerの Stuxnet についての TED でのプレゼン。

Dr. Jean Carruthers

しわの治療などに使われるボトックスを世界で最初に美容整形目的で使った人だそうです。話の内容が、というよりは泣きながら登場して何言ってるのかもよくわからない…ボトックスのやりすぎ?来場者困惑…

なんて反応もありました。元々こういう方なのか本当に泣いていたのか謎です。まぁこんな場で極度に緊張してたら俺も泣くかも…。

Mark Brand

Vancouver には DTES(DownTown EastSide)と呼ばれるエリアがあります。いずれこの辺りに関して書いてみたいと思っているのですが、かつては Vancouver の商業の中心地であり、第二次世界大戦前までは日本人街があったエリアも含まれます。エリア全域ではありませんが現在はホームレス、ヘロイン、コカイン中毒者、ドラッグディーラー、精神疾患者、売春婦などが集まる一角として有名で、世界で一番住みやすい街とも言われる Vancouver の側面を見る事ができます。留学生が Vancouver に来てまず「治安が悪いのでこの辺りには近づかないでね!」と言われちゃうエリアなので大抵の人は見る必要無いと思いますがっそんなちょっと近寄り難いエリア。元々中心地だったこともあって歴史的に価値のある建物もある一方ギャラリーやライブハウス、イベントスペースなども数多くあり現在進行形の Vancouver カルチャーを感じられるエリアの一つと言えると思います。前置きが長くなりましたが、その DTES においてホームレスであってもドラッグ中毒者であっても同じ人間、皆でコミュニティを大事にしていこうとしているのが Mark Brand です。一例として彼は SAVE ON MEAT というサンドウィッチ屋を経営しているのですが、ここは前経営者が金銭的きに厳しい人々の為になるべく安く、時にはツケで食事を提供していた場所。前経営者の意志を受け継ぎ同様のスタイルでお店を経営しています。彼の熱意を知る Vancouver の人々からの人気は絶大で、この日一番のスタンディングオベーションは彼に贈られました。

Robin Esrock

人間の後悔の中で多いものの1つが「もっと旅をしておけばよかった」らしいです。これまでの人生で最も後悔したことトップ10 を見ると俺なんてのは1-9位まで見事に当てはまるわけですが人生これからですヨネ!そして旅の件は4位にランクインしてます。その土地に呼ばれてたら意地でも行きたいと思うはずなので、まだ行ってないという事はその程度の情熱と考える事にしています。最近ようやくヨーロッパが俺を呼んでいる気がしていますよ〜。

さて旅行番組のプロデューサーの彼からはバイクで事故ってその保険金で世界一周旅行した時の話など。友達でもいましたこんな奴。旅人の話はいつ聞いても楽しいものですよね。AK-47 で武装した少数民族と楽しそうに写っていたり、写真を見ているだけで旅汁がたぎる思いです。

TED Talks

プレゼンの合間に流れた過去の TED の名プレゼンはこのあたり。

どこに個人情報抜かれてるか追跡するFirefox のアドオンの紹介。

Web 上のビデオをもっと Web らしくリンクできたり Google Map 見れたりできるように編集できる Web ベースのツール Popcorn Maker の紹介。

イギリス英語難しい〜んですが 12:00 あたりからのカナダのお菓子の Ad がバカらしくて最高!

PostSecret のファウンダー Frank Warren の元には世界中から秘密が書かれた手紙が届きます。秘密は様々な形を取り、心を痛めずにはいられないものもあれば機知に富んだものも。

おわりに

今回はお一人様$99と決して安いお値段とは言えませんがその価値はあったと思います。当日はストリーミングでも観れたし後でビデオでも観れるとはいえ、まずこれだけのプレゼンを連続で通して観ることはありませんし、ビデオもタイトルと顔で適当に観るでしょうし、自分で探すと分野偏るしね。普段の自分だけでは辿り着けないものに触れると目から鱗な瞬間もあるかもしれません。会場もポジティブな雰囲気に満ちているのでネガティブな思考に陥りやすい人は雰囲気に呑まれに行くのも1つの手段だと思います。もう Vancouver なんてまた来年の夏までほとんど雨だし!

最初に登壇した Kristin Westdal が「I love my job」から語り始めるのを聞いて、俺が行くようなカンファレンスは大抵そうなのですが、間違いなく今日これからここで登壇する人は自分のやっていることに誇りを持って楽しんでいる人たちであるということを再認識いたしまして、自分はどうだろう?とイベントの間中ずっと考えていました。とりあえず家に帰って自分がどんな物が好きでどんな人間になりたいと思ってきたかを書き出してみました。現実的に可能不可能かはともかくもやる前から諦めてしまったものばかりで○○○したいからではなく△△△できないから今○○○をしてる事の何と多いことかと……

少しでも後悔の無い人生を送れるようなヒントを得ることができる可能性もあるので、明日も美輪さんのお話を聞くような気分で TED を観よう!

好い事言ってる美輪さんと丹波さんの対談。しかしこの二人、霊界について共有できてるのがすごいよね。

Matisse 展を観に行ったよ

Vancouver Art Gallery に COLLECTING MATISSE AND MODERN MASTERS: The Cone Sisters of Baltimore を観に行きました。行くと決めて数ヶ月、9月30日最終日になんとか滑り込み。Matisse に関しては人が好きだと言っていたのを覚えていたくらい(行こうと思った理由もそれ)で、この高名な巨匠に対しほぼ知識ゼロの状態でした。

Continue reading “Matisse 展を観に行ったよ”