初めてのDIY: 棚を作りました

引っ越して以来作る作る詐欺だった棚を先月作りました。壁に穴を開けずに 2×4 材と組み合わせて柱を作り、そこに棚を作っていくという方法が使える PILLAR BRACKET という商品を兄から教えてもらい、これなら初心者の俺でもできるかもと棚プラス上着や小物をかけられるエリアを作ってみることに決めました。大まかですが以下のような流れです。

IMG_0609

PILLAR BRACKET と近所のホームセンターでカットしてもらった 2×4 材です。木ねじを打って天井に突っ張らせます。床との接触面に100均で買ったファルトシートを敷いています。

IMG_0643

突っ張らせて柱とした後、有孔ボードを打ちつけました。920mm が3枚なので結構広いです。一部カットしているのは電話線を隠さないようにするため。ラワンベニヤなのでカッターで簡単に切れました。この一角だけ放送室のようになりました。

IMG_0677

チャンネルサポートを打ちつけて棚受をはめ、これまたホームセンターで指定のサイズにカットしてもらった棚板を載せました。ここから水平を出すのに時間かかりましたが、好い感じになったら棚板に棚受を打ちつけます。チャンネルサポートに棚受をはめただけだとグラグラなんですが、棚板を打ちつけると固定されました。また、有孔ボードにフックをかけて服などをかけられるようにしました。

これでひとまず完成、なのですが物を乗せる前から既に棚板がたわんでいることに気付いたので、補強のため裏側からチャンネルサポートを打ちつけてみました。板が長すぎるせいかあまり効果は無かったんですが、壊れたらその時よと気にせず稼働させることに。

IMG_0958

そしてこちらが1ヶ月半経った現在の様子。重い本が乗っている棚ほど順調にたわんでいますが割と気に入っています。下駄箱の手前にあるのは補強用に買って放置している板や余ったチャンネルサポート。

IMG_0955

フックのコーナーではジャンパーや軽めのバッグ、鍵などをかけています。徐々にアイテムの位置が固定されてきました。

IMG_0959

靴コーナー。長靴を筆頭に靴箱から溢れたものが置いてあります。人工芝を敷きたかったのですが手頃な長さの物が売っていなかったためキッチンマットになりました。

過程と現状を見て頂いたところで、お待ちかねのアフィリエイトコーナーです。今回は以下の道具や材料を使いました。

リョービ(RYOBI) ドライバドリルキット FDD-1010KT
リョービ
売り上げランキング: 381

ホームセンターの店員さんに伺ったところ「これ初心者用だけど」と5回くらい言われたので「初心者なのでこれにします!」と購入しました。他は知らないのですが使いやすいと思います、というか今までドリルドライバーを手にしたことが無かったのでなんと便利なものがこの世にあることよと衝撃を受けました。

Z ソーガイド鋸セット 30105
ゼット販売 (2014-12-01)
売り上げランキング: 205

ホームセンターでカットしてもらった 2×4 材が指定を間違え自分で調節する事態に。これを使うとまっすぐ切れるので便利でした。

チャンネルサポートを4本。棚板の左右に1本ずつ。

ロイヤル AT-P クローム 30mm タッピングビス 【50本入/袋】
(株)ロイヤル
売り上げランキング: 12,958

チャンネルサポート用ビス。

ロイヤル 木棚受 A-32/33 クローム 【250mm】 左右 2本セット
(株)ロイヤル
売り上げランキング: 2,430

棚受。左右1組を7セット。

シンワ ブルーレベル マグネット無 300mm 76370
シンワ測定
売り上げランキング: 234

水平器。

ST10 穴あきボード用L型フック 5本入り 15-80
ベスト
売り上げランキング: 2,626

有孔ボード用フック。

有孔ボード。お店のページかメールにはアパートの場合は下まで取りに行く必要がある旨があった気がしますが、運送屋さんが家まで持ってきてくれました。

今回の反省点は以下の通りです。改修や次回作に活かそうと思います。

  • やっぱり塗装した方がいいよね
  • ちゃんとサンダーかけた方がいいよね
  • 事前に荷重計算した方がいいよね
  • 補強したほうがいいよね
  • そもそも棚板長過ぎるよね

「買ったほうが安い」とか「いつまでたってもできない」とか言われてしまいがちですが「楽しければ全て好し!」と思ってやっております。色々ツッコミどころあると思いますので、得意な方お時間ありましたら俺の後学のために是非アドバイス等頂ければ幸いであります。Happy DIY!

「地下神殿」こと首都圏外郭放水路特別見学会に参加しました

洪水対策として建設された、地下50メートルを流れる世界最大級の地下放水路である首都圏外郭放水路。その巨大な調圧水槽は地下神殿とも呼ばれ、人気の社会科見学スポットとなっています。見学は無料なのですが、通常は予約が必要、しかも平日のみという会社員には厳しい条件。しかし1年に1回予約無しで入れる日があり、今年は11月14日でした。見学会の様子を簡単にレポートしたいと思います。

IMG_0796

調圧水槽の入口。生憎の雨にも関わらず見学会は大人気、入場までに1時間ほど並びました。会場付近では地元春日部の名産を始めとしたお店もいくつか出ていてちょっとしたお祭りの様相です。

IMG_0799

階段。約100段あり、自力で登り降りできる人が見学対象とされています。

IMG_0825

IMG_0832

地下神殿と呼ばれる所以である巨大な柱が立ち並びます。

IMG_0838

立坑。地下でこういう階段を見るとつい AKIRA がいそうと言ってしまいますね。立入禁止エリア。

IMG_0850

こう見ると柱も円柱ではなく平たい形状をしているのが分かります。

IMG_0851

通路です。ここも今回の見学会では入れないエリアでした。

IMG_0858

同時に開放していたポンプ室。

IMG_0859

ポンプ室にあった排気口。スピーカーみたいでかっこいいですね。

さて、俺の撮った写真なんかよりもっと行きたくなるのがこちらです。Pharrell Williams が東京周辺を旅する Tokyo Rising という動画でも紹介されています(6:10 あたりから)。

ご覧のようにとてもフォトジェニックな場所なので、撮影のロケ地として使われることも多いそうですよ。

そこかしこに三脚を立てて撮影している方がいました。通常の見学会の方が人が少なくて撮影などにはいいのではと思ったのですが、滞在時間が制限されているようです。今回の特別見学会では人は多いものの10時から15時半の時間内なら好きなだけいて構わないとのこと。この辺りも人気の要素の1つでしょう。Tokyo Rising のように誰も居ない状況は特別に手配する必要がありそうです。ドローンで空撮してみたい。怒られそうだけど。

当日は会場に着いても見学を締め切られてしまって来年来てねと言われてしまった方達もいたようですので、時間に余裕を持って行くのがおすすめです。興味のある方は是非!