Live Music と Live Coding のイベント Coda に参加しました

Granville Island の The Fishbowl というスペースで行われた Coda というイベントにライブコーディングをする人として参加しました。俺は最近よく触っている TouchDesigner北千住デザインインスパイヤの Emoji を使ってミュージシャンが織りなすサウンドを受け取って各パラメーターに入れて調整していく、オペレーターを繋ぐ、GLSL を書く、というのをライブでやっていました。

こんな感じでした。音に反応しているように見えるかしら。俺のブースから撮っています。

Live #emoji show with live music by Matt O'Donnell at Coda #touchdesigner

A post shared by Yasushi Harada (@chimanaco) on

1回目担当の全編の TimeLapse 版(音無し)。変遷がご覧頂けるかと思います。動いてるのは俺じゃなくて共演したミュージシャンの Matt さんです。

Live #emoji show with live music by Matt O'Donnell at Coda #hyperlapse #touchdesigner

A post shared by Yasushi Harada (@chimanaco) on

プレイ中の友人たちの様子と俺のセットアップ。キーボードもマウスもワイヤレスなのにビビリでついつなげてしまうので、スマートじゃない。

Coda @nielmclaren @timrolls and my setup.

A post shared by Yasushi Harada (@chimanaco) on

終わった後に The greatest thing I have ever seen. とか言ってくれた人がいたり、遊びに来てくれた友人が一緒に来た友達が爆笑してたという声も聞いたので数人には響いたようでその点好かったと思いますが、割とみんな静かに音楽と映像を楽しむというイベントだったため、もっとじんわり美しい映像を見て頂くという方が全体の雰囲気に合っていたようなので独りよがりにならずお客さんが求めるものにもっと寄り添ったものを作らないとなと再認識した次第です。ミュージシャンたちも全員好かったのでまた一緒にやれたらいいなと思いました。

反省点としては、過程も見せて行こうという趣旨でやってたという理解だったので俺は最初シンプルなものから始まってどんどんパラメーターを追加していって盛り上げて行くようにしていたんですが、出力結果とコード( TouchDesinger で言うと Network )を並べてプロジェクションしていたわけでは無いので(両方同時に見るのが難しい配置だった)、正直お客さんには出力結果しか見えていないのでライブで変化していこうがプリレンダーされたものであろうが関係ない感じになってしまったこと。その点はフィードバックしたのでもし次回も呼んでもらえるようなことがあれば改善したいところ。1人だけ機材の調子が悪く結果同じ画面でコードと出力結果を交互に出すような感じになっていたのですが、俺にはそれが一番楽しく見えました。思い通りにいかない状況になってもお客さんに楽しんでもらえるように臨機応変に対応できるようにしていきたいものです。

PC は LITTLEGEAR の GTX1060 モデルを使っているのですが、リハ含め3往復抱えて電車乗って行ったのが流石に辛かったのではりきってペリカンケース 1620を買いました。ギャラで回収できるようがんばります。