TouchDesigner Study Group Vancouverはじめました

9月末にTouchDesignerの開発元であるDerivative社のBenさんをバンクーバーにお招きしてTouchDesigner Beginner Workshopを開催したのですが、参加者の中にはいわゆるコードを書くエンジニアだけでなく、クリエイティブディレクター、デザイナー、3Dアーティストや舞台の演出をしている人、ミュージシャンなどもいたので、改めて様々なバックグラウンドを持つ人たちが同居できる面白いソフトウェアだなと認識しました。

また、前にバンクーバーに住んでいた時に主催していたこともあるミートアップVancouver Creative Technologyは現在CDM(バンクーバーのデジタル系大学院)関係の若くて優秀な人達が中心になってオーガナイズしてくれていて雰囲気も好いのですが、基本的には誰かがプレゼンをして質疑応答というスタイルなので人数が増えてくると話を聞いているだけの人が増えてきてしまうきらいがあるなと思っていました。

そこで、現状盛んとは言えないバンクーバーのTouchDesignerコミュニティを盛り上げるということと、参加者全員が自分ごとであるプロジェクトに取り組めるもくもく会のようなことがやりたかったので、ワークショップに参加してくれた最近CDMを卒業した別の優秀な若者を誘ってTouchDesigner Study Group Vancouverという新しいグループを立ち上げました。(俺から見て)既存TouchDesignerのユーザーの発掘や情報共有、発信はもちろんのこと、会場を貸してくださっているCDMや地元の会社などとのコラボレーションも積極的に行いTouchDesignerを起点にバンクーバーのクリエイティブコミュニティに貢献するのが狙いです。関連メンバーでイベントや展示もやりたいし、ついでに俺に関連の仕事が回ってくるといいなという気持ちももちろんありますw

そのStudy Group、先週の木曜日に第一回のミートアップを迎えました。もくもく会的なものになるはずだったんですが、参加表明をしていた友人(来なかった)は全く触ったことのない人だし他にも同様の人がいる感じだったので学習リソースの紹介をし、初回と言うこともあり自己紹介がてら各自Touchで作ったものを見せ合ったりしていたらあっという間にお開きの時間に。

学習リソースはTouchDesigner Learning Resourcesにまとめています。Derivativeの一番上のリンクを見れば大体事足りると思いますが、Lynda.comのオンラインクラスはバンクーバーの図書館カードを持っているとTouchDesigner以外のクラスも受講できるので特にお勧めしておきました。

俺たちのSlack作ったから絶対入ってくれよな!と息巻くも入れないよ〜と言われ慌てている俺

VJの裏側見せっこ中

Pythonで分からなかった所が解決しちゃう30秒前

Photos: Luna Huang

以下反省。

参加者は主催者を入れてEventbrite上では11名となっていましたが結局来たのは10名。2名来なくて1名飛び込みで来たのかな。無料のミートアップだからこんなものじゃないかなと。参加率を上げたければ本気の人のみに対象を絞って前払いの有料にするなどの対応が必要ですが、そういう集まりでもないし、機材やプレゼンをお願いしているわけでもない参加者が来ない分には人数が減って楽なのでいいでしょう。元々定員いっぱいになってなかったし。

さて自分のプロジェクト持ってきてね、と言ったところで予想通りというか話聞きに来るだけの人もいるわけで。今回の参加者10名のうち見た感じ4名はそう。基本的にプロジェクトがある人の間でのみ話は盛り上がりました。

フィードバックとしては大まかに以下のようなものがありました。

  • スタディにフォーカスできる時間が無かった
  • 気になってたことが解決できたから好かった
  • 駅から会場が遠い
  • 酒が飲みたい(会場はアルコール禁止)

1つ目は個々が話す時間が長くなってしまったからで、俺の中途半端な姿勢のせいだなと。今後は俺たちどうすりゃいいのな人たちは学習リソースのリストを提示する方向かな。そのことが原因でその人達が来なくなってもそれはそれでいいしね。2つ目は単純にお役に立てて嬉しい。最後の2つは、知らんがな、他で自分で企画したらえんちゃう?てことで。

初学者への対応もコミュニティを盛り上げる上で欠かせないものではあるけれども、まずはここは自習がメインの場であるいうことを徹底しないとまた半端なものになってしまうので、次回は自己紹介もそこそこに来た人はそのまま自習を始めるように促したい。初学者への対応は別途またワークショップを企画したりするのがいいかもしれない。個人的には初級編は一回やったので次は中級編やりたいところです。初学者初学者言ってますが俺自身歴1年くらいだしまだまだなので。

話が盛り上がってたと言うのは元々知ってる人たちとその友達という感じだったので、交流の無かった人たちをどう取り込んで行くかが課題。あとやっぱり俺英語下手だなと…。技術も語学もコミュニティ運営も日々勉強ですね。コミュニティ盛り上げていけるようアゲてこう!

最後に学習リソースで紹介した本のamazonアフィリンク貼っておくんでよろしくね!

バンクーバーでオーロラを見ました

少し前の7月17日のお話ですが、人生2回目のオーロラをイエローナイフに続きバンクーバーで見ることができました。今週末オーロラが見えるかもしれないぜ記事が出ていたのでこのビッグウエーブに乗るしかないということでオススメ鑑賞スポットに載っていた Spanish Banks というビーチに撮影に行きました。早速写真を見ておくれ。

Northern Lights

ISO6400、絞り値(F値)4.0、約10秒間のバルブ撮影の結果です。kp値も低くそこまで暗い場所でも無かったので、肉眼だと何も見えず写真で撮るとたしかにそこにある、というものでした。色々設定を変えて試したのですが、撮影技術の無さや街の明かりも影響し、今回撮影した中ではこれが一番好かったです。

バンクーバーはオーロラ観測で有名な場所ではないのですが、見たことがあるという話は聞いたことがあったし時々こういうチャンスがあるようで、今年は5月にもあったそう。バンクーバーは夏以外は基本的に曇りか雨なので、夜空が晴れることの多い夏付近がチャンスと言えるかもしれません。

バンクーバーより北にあるエドモントンとかカルガリー出身の人に「俺こないだオーロラ観に行ったんだよね」とテンション高めで話すと「あー俺の実家から車でちょっと行くと見えるよー」みたいなこと軽く返してきますし、やはりオーロラベルトに近づくにつれて迫力のあるオーロラが見える可能性が高くなるのですが、寒い時に見えるってわけでもないようです。今回は23時半〜25時くらいの撮影だったのですが気温は16度くらいでパーカーにジーンズという装い。オーロラ観測と言うとそれはもう-30度みたいな印象ですよね。イエローナイフはまさにそんな感じでしたが、今回は機材の防寒対策も特にせず気楽なものでした。

参考までに使用機材です。

俺用メモ

  • ISO3200~6400くらい
  • Bulbモード 目盛りB
  • 無限遠。設定ないので、レンズの AF モードで対象(オーロラ)にピントを合わせる。または明るいうちに遠くの建物にピントを合わせておく。
  • MF モードにしないと暗いところでシャッターが切れない。

ハッシュタグやジオタグを追っているとかなりいい感じに撮れている方たちもいて、俺ももっとカメラと仲良くなって能力を引き出せるようにがんばりたいと思います。

お友達のシバタカズマサさん情報によるとオーロラの状況は以下のサイトでチェックしておくと好いようです。

人生であと10回くらいオーロラ見れたらいいな!次は日食や〜どしよ〜

参考ページ

NAVER まとめでバンクーバーおすすめスポットを紹介しています

3月頭に4年半滞在していたバンクーバーから日本に帰って来たので、初 NAVER まとめを作ってみましたよ。誰得感否めませんが、徐々に思い出したように増えていくと思いますのでよろしくお願いします。

バンクーバーおすすめスポット – NAVER まとめ

Next Music from TOKYO vol 4 in Vancouver

世のため人のためという高尚な望みは一旦捨てましてブログを書き続ける為にはどうすればいいかと考えるに、旅行など特別な場合以外は30分で書けて3分で読めるブログを目指すことにしました。昔から夢日記も続いた事無いのでまた挫折する可能性中ですが、やってみるとします。

Next Music from TOKYO vol 4 というイベントに行ってきました。日本のミュージシャンをカナダに呼んでツアーをするイベントで、Toronto、Montreal を経て最終地点がここ Vancouver。話を聞いたのは当日同僚から。ヨーロッパから移民した旦那様がこのイベントの事を以前からチェックしていてその都度 youTube で動画をチェックしていたそうなのですが、今回は向井秀徳さん率いる ZAZEN BOYS の動画を見ていたく気に入り、行こうと誘われたとのこと。イベントの情報を見てみると、最近ブログを書いている奥さんが大ファンであるgroup_inouが出演することもあり俺のお誘いに鋭い反応を見せたため行く以外の選択肢は消えて無くなりました。気になるお値段も先日 Richmond のナイトマーケットで見かけたアラレ帽と同じ$10と大変お求めやすくなっていました。

家でゆるりとしていたら会場の The Waldorf Hotel に着いた時には group_inou が始めるところ!残念ながら前半の2組、チャラン・ポ・ランタンPraha Departは観れませんでした。

キッチュな電子音にラップを乗せるスタイルの彼らに観客は大盛り上がり!!group_inou は AC部 制作の PV が素晴らし過ぎますね!

トリは ZAZEN BOYS。向井さんがやってるやつですよねーとか言いつつ今まで殆ど聞いた事が無かったですが、重厚なサウンドに圧倒されました。かっこいいですねぇ。後日アルバムバージョンを聞いてみたのですが、打ち込みよりも今回のライブの方がベースがもっとブリブリしてて心地よかったです。最初にライブで出会えて正解だったと想います!演奏前に向井さんは living legend と紹介されていてそれなりの知名度があるのかも。groovesharkにもかなりの曲があるし

「本能寺で待ってる」という曲で、近くで見ていた30台前後の3、4人のカナディアンと想われる男性グループが「ホンノウジデマッテル」のところだけお互い向き合いながら楽しそうに歌い合っているのが微笑ましかったです。イメージしやすいのはそう、ちょうどレーサー100の CM みたいにですね。

サイトを見てみると情報が古そうですし、グッズ販売もやっていたのでスタッフがどれくらいいるのか現在の状況は不明ですが、サイトには個人が自腹を切ってアーティストを呼んでいるそうです。何かお手伝いして俺の好きなバンド呼べたりしないですかね。NRQ とか湯浅湾とかOptrum とかこっちで観たいな。切腹ピストルズとか来たら相当面白いんじゃないでしょうか。Web と日本語で何かお手伝いできることないか聞いてみようかしらん。

ちなみに結局3時間位かけて書きました。寄り道してばかりでして。

日本人向け Vancouver 基本情報

今住んでいる Vancouver を紹介していく上でまずは基本的な街スペックについて書こうと想っていたところ、 @coffee69 がやりたかったことの半分くらいやってくれたのでご紹介がてら引用させて頂きますよ。分かりやすくまとまっているのでまずは以下の画像をご覧ください!

Japanese live in Vancouver

【なるほど!バンクーバー 〜 バンクーバーの数字をイラストで!】 バンクーバーに住む日本人のインフォグラフィックスです。

via

Continue reading “日本人向け Vancouver 基本情報”

タコの擬態からバーニングマンまで!TEDxVancouver 2011 に行ってきたよ

去る11月12日に TEDxVancouver 2011 に行ってきました。ストリーミング中継もあったのですが、前日に Twitter 経由でチケットが少し出ていることを知り、運良くライブで体験する事ができました!1日中みっちり素晴らしい講演を聞く事ができ、ブログを再開する活力を得ました。

TEDについて

TED は多岐に渡る分野のスペシャリストの良質の講演をオンラインで無料で視聴できる事で有名で、ご存知の方も多いと想います。全ての講演というわけではありませんが、英語があまり分からないという方でも日本語字幕付で視聴する事ができるので、おもろい話が聞けるサイトだと想って気軽に見てみると好いと想います。参加者の方々と話すと、寝る前の何分かは TED を視聴するという方が多かったです。俺も英語の勉強に毎日1、2本ペースですが視聴するようにしています。

TEDxについて

TED 本家は運営に関わらないが、そのコンセプトを引き継ぐ形で各地で自主的に行われているのが TEDxAAA(テッドエックス都市名)というイベントです。
日本国内だと、TEDxTokyoTEDxSeedsTEDxRyukyuTEDxEarthquake9.0TEDxTohoku などが開催されているようです。Vancouver での開催は今回で3回目です。

Continue reading “タコの擬態からバーニングマンまで!TEDxVancouver 2011 に行ってきたよ”

Happy New Year to you & your loved ones!!

日本より17時間遅れて年が明けました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
時差があるってかっこいいですよね。
初めて海外で年越しをすごした感想 Vancouver 編。

年越す前から 「Happy New Year!」 って言っている人がいる
「明けましておめでとう」と「良いお年を」が両方含まれるのかな?

バスの中が超盛り上がっている
普段から見知らぬ乗客が会話したりして賑やかなバスですが、いつにも増して盛り上がっていました。誰かが 「Happy New Year!」 と言うとコール&レスポンスが成立します。バスの運転手さんが 「New Year’s Eve にこのバスに乗ってくれてありがとう」みたいな事をアナウンスして盛り上がり最高潮。

ハイヒールが高い
普段あまりハイヒールの人を見かけないし、こんなにハイヒール履く人いたんだ?って感心。そして皆高かった。

バスがタダ
New Year’s eve だから。

超キス
Vancouver の人達は普段からよくその辺りでキスしてますが通常の3倍くらいキスしてましたね。

カウントダウンは友人のバンドが出るパーティに行って0時ちょうどから友人のバンドが演奏を始める、というものでかなり盛り上がりました。他のクラブや外だったらややもすると狂ったようなカウントダウンが体験できたのかもしれませんが、今年はこれで好いスタート。

How to be talked to by Canadian in Vancouver カナダ人に話しかけられたいあなたに

を Vancouver に住んで約2ヶ月にしてついに発見。分かりやすいTシャツを着て歩くのがイイとも教えてもらったが、今のところこれが最適解。結論から言ってしまうと酔っ払って潰れたヤツに肩を貸すなどして歩くこと。尚且つそいつがゲロまみれだったりするとコンボが発生するかもしれない。
Continue reading “How to be talked to by Canadian in Vancouver カナダ人に話しかけられたいあなたに”