大音無形番外編 -トイレのサイン写真展 Washroom of the Day Exhibition in Onomichi

我々 Washroom of the Day という名前でトイレのサインを集める活動をしておりまして、Facebook Group
InstagramTwitterTumblrで情報を集めたり発信したりしています。

昨年10月の東京に続いて、2回目の展示を6/24-7/9の会期で広島県尾道市の三軒屋アパートメントのギャラリーで行ないました。今回の展示は、尾道のゲストハウスみはらし亭でマスターを務める牧原さんが我々の活動と東京での展示の事を知ってお声がけくださったのがきっかけなのですが、みはらし亭と関連する尾道空き家再生プロジェクトについての詳細はボリュームが大きくなりそうなので次の記事に書くことにし、今回は展示のことについて少し書いていきます。以下展示の様子です。
追記:書きました → ゲストハウスみはらし亭と尾道空き家再生プロジェクト – chimanaco blog

会場の三軒家アパートメントも空き家再生プロジェクトで再生された物件の1つで、ショップ、ギャラリー、卓球場、カフェなどが入っている複合施設です。規模は異なりますが、廃校になった校舎を利用した3331のような施設です。

ここから2階に上がると展示で使わせて頂いたギャラリーがあります。

900枚を超えるアーカイヴの中から厳選した140枚の写真1枚1枚に、簡単なコメントをつけて展示していました。

24日は香味喫茶ハライソ珈琲にてオープニングイベントとしてトークを行いました。ゲストには途中でやめる山下陽光くんを(主に我々が会いたいからという理由で)お呼びしました。前半、どういうことを面白いと思ってトイレのサインを集める活動をやっているか?という話を俺がして、後半は奥様が H2B 成立からの経過や現状トイレサインを取り巻く話題を紹介したり、記号としてのジェンダーについてもお話ししました。我々が話している途中でも何かあれば質問をして頂くようにし、以下のようなトピックをはじめ、興味深い意見交換の場となりました。

  • 洋式便所で立っておしっこするのはありかなしか
  • 性を溶かす?ファッションブランド
  • スカート履くとスースーする
  • あいすまんじゅう
  • 陽光くんが我々に対抗して集めたラーメン屋さんの紅しょうコレクション
  • 亡くなってしまった人の追体験をするために考えた方法
  • 今良く見る男青女赤のサインは1964年のオリンピック付近で考案され広まったらしいが、それ以前のサインはどうだったのか?
  • 今度のオリンピックではどうなるか?
  • 尾道のお店はどんなサインにしたらいいか?
  • フェミニズム
  • ZINE
  • 座ってると電気が消えるなか卯のトイレ

さらにトークの前後で途中でやめるの直売会も行われました。
写真が全然ないですが…

三軒屋アパートメントのギャラリーの他、前述の香味喫茶ハライソ珈琲(珈琲がとても美味しいです。豆買っていきたかった)、お茶とサイダーが絶妙にブレンドされたチャイダーを開発したことでも知られるチャイサロンドラゴン、みはらし亭併設のカフェの3箇所にはギャラリーでの展示と同様のスタイルで写真とコメントを収めたアルバムを置いて頂いていました。これらのお店にはギャラリーに展示していないものを入れて、お店に行かれたお客様が手にとってご覧頂けるようにしました。

会場で限定販売していた、展示のために山口元輝くんに作ってもらった BGM の CD も売れ行き好調でした!配信でも購入できますので気になる方は是非!

我々が在廊していたのは6/24、25のみでしたが、会期中足を運んで頂いた方、牧原さんをはじめ展示の実現、宣伝にご協力頂いた皆様、ありがとうございました!
またどこかでやれたらと思っております。

おまけ1
中国新聞に取材して頂きました!ありがたいことです。また一歩野望に近づきました。

おまけ2
24日、ギャラリーからオープニングイベントに向かおうと準備していると外は雨。傘を持参していなかった我々、イベント用の荷物が濡れては困るので俺が傘を買いに行くことにしたのですが、売っている場所も分からず商店街の方にとりあえず向かう俺は横断歩道の信号待ちで濡れ鼠になってなんだかお腹も空いてきて悲しい気持ちになってきました。そんな折横で同様に信号待ちをされていたおじいさまが「相合傘だね」なんて言いながら傘に入れてくれてアーケードのところまで一緒に歩いてくださいました。その日は祗園祭の三体廻しというイベントが行われるお祭りの日だったのですが、「この雨じゃテキ屋の人は大変だね」と心配されていた心優しいおじいさま、その節は大変お世話になりました。俺もそういうシーンがあったら怪しくない程度に真似したいと思います。